TOP

貸切バス利用時のマナーについて

ここでは貸切バス利用時のマナーについてご案内致します。

一点目は、シートベルトの着用です。一般車両同様、貸切バスでもシートベルトの着用義務が法律で定められております。また、それに伴い高速料金の精算についても、事前に乗務員に渡しておくか、立て替え後下車時に精算になります。

二点目、時間や行程を守ること。
事前に申請したコースと時間をもとに運行することが義務付けられておりますので、当日の行程の変更やお時間の変更はできません。
お迎え場所などによっては、長時間の駐車禁止の場所もありますので必ず時間は守りましょう。

三点目、仲間内の利用だからといって羽目をはずしての迷惑行為は禁止です。
バス車内の備品を汚したり壊したりすると、バス会社よりその分の損失分の請求があがる場合もあります。

四点目、基本的に車内での飲食は問題ありませんが、発生したゴミは、ご自身でお持ち帰り下さい。

以上が、貸切バスを利用するにあたっての基本的なマナーとなります。
他にも、禁煙車両での喫煙は厳禁、長距離の運行時には2時間に一度トイレ休憩をとるようにしましょう。乗務員の指示に従うようにします。
ご予約されたバス会社のルールやマナーを守っていただけない場合は、当日途中で運行を取りやめとなる場合もあります。

ひとりひとりが、ルールやマナーを守って楽しく利用することが一番大切です。

お知らせ

[2017年01月19日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る